2006年04月29日

祝!ハネト レコ発!!

no-title

27日に大好きなハネトのライヴを下北に観に行ってきました!
この日は記念すべき2ndアルバムの発売記念。

前回久し振りに見たときよりかなーり良かったと思う。前に音源のサンプルをもらって聴かせてもらってたから、今回は新曲も自然に体に入ってくる。ライヴも前回の荒い感じから、一つ一つ音を紡いでいくような、世界観を大事にしたライヴに変わってきてた。でもこういう風に、毎回赴きの違うライヴを見せてくれるバンドって、逆に信頼できると俺は思う。それだけ今の素直な気持ちが現れているってことやと思うから。いくら決まった曲でもフレーズでも、やり飽きるぐらいやった演奏でも、やっぱり音と声は感情からしか生まれないと思う。だから俺としては、毎回同じ印象のライヴなんて嘘くさい。ただ物質的に音を出してるだけじゃそれは音楽にならへんし。なぜなら心と繋がってないから。もちろんその先の、観てる人の心にも繋がっていかへんやろうし。
そういう意味じゃハネトは信じれるバンドなんだと思う。
そして、ある一つのスタイルを取りながら、色んなものを内包してるから好き。
ってすごく曖昧な言い方やけど。これはVo.の坂野くんにも言ったけど、想像力が湧くんだよね。勝手に。バンドはそんな大袈裟な演出してなくても、観てる側の頭のなかでどんどん膨らんでいく。単純に気持ちいいし、揺さぶられるんだなぁ。

ハネトはこれからツアーだからしばらく観れないかなって思ってたら、そのツアーの中の一つにその場で誘われて笑、出演することになりました!!やっほ〜い。
ハネトの地元、埼玉は熊谷HEAVEN`S ROCKでの共演です!!
約1年振りの共演。とっっっ・・っても嬉しく思いますっ、はい!
誘ってくれたハネトのみんなに感謝!
キアロスタミ初の熊谷なんで近くの人は是非観に来てくださいね〜。

ライヴ後はclub 251の上でメンバーと1時間以上色々話す。
やっぱりハネトは相も変わらずあほぉやった。
笑いすぎたら腹減ったので、メンバーに別れを告げてねむとすぐ近くの知り合いが働く王将へ。ライヴを観に来てた遊子ちゃんとも途中まで一緒に帰る。彼女は増くんこと増子武志氏のHPを管理していて、先日増くんが撮ってくれたキアロの写真をUPしてくれたらしい。ありがとう!

そして王将に入るとすぐその知り合いに気付かれる笑
そして、あんま大きな声では言えないけど、、出てくる出てくる、頼んでもないのに餃子とライスがどんどん出てくる笑 定食しか頼んでへんのに、もう腹ははち切れんばかり。それでもまた彼は「お、ひびき、餃子まだ食うか?」いや、さすがにもう限界です。。いやしかしありがたいこってす。今度はもっと腹空かしてきます。
今度誰か下北王将で飲みませんか??笑
餃子ばっかりで。
うちの地元の王将でも、金曜日は餃子とビールが安くなるからフライデイ`S ナイトならそこもよし。脂っこ〜い話?しましょう。

よか一日でしたわい。
posted by 高井響 at 21:25 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年04月27日

テトテトテト

no-title  no-title

テトがちょっと大きくなりました!
※↑  左写真:2、3週間前。まだフサフサめなテト
     右写真:現在。耳掃除が嫌でビビってケージから出ようとしないところ笑

んで、かなりスリムに。
でも最近毛の生え変わりの時期らしく、毛が抜けまくってそれで見た目が細くなったってのもあるけど。写真じゃ分からへんけど、まだお風呂に入れれないから痒いのか、良く掻く部分はどんどん毛が薄くなって地肌が見えてきてる。大丈夫なのかな〜。。
まぁ色んな人に聞いたら今はかなり抜けるって言ってたし、この前動物病院行って聞いた時も皮膚の病気やアレルギーは無い、いたって健康な子ですよ!って言われたから安心したんやけど。。とにかくあと少しすれば風呂に入れてあげれるから、それから様子見よう。

なんにせよ、ここまで何の病気も怪我も体調不良も無く、元気過ぎるぐらい元気なので、ほんとに安心してます。やっぱりミックス犬って強いんだね!
髭のフィリポ川崎が良く家に遊びに来るんやけど、どうやら彼のことは完全に対等、もしくは下に見てるくさい笑 他の人にはそこまでしないのに川崎には、顔引っかいたり耳噛んだり自慢の長髪を食べられそうになったり・・・川崎が怒ってもやめないもんね。でも川崎が来ると喜びようが尋常じゃないから大好きなことは間違いないんやろうけどね笑 ちなみに川崎は自分ちの犬にも下位ランクを付けられてるらしい,,,。

まぁそんな感じで今のところ健康優良児なんで、この前3回目のワクチン注射も終わったし、フィラリアの薬(←コレやたら高いね!)も飲んだから、あと1週間もすれば散歩も行けるぜ!初めて自分の足で踏み出す社会への一歩はどんな感じなんやろね。テトは人間大好きで全く人見知りしないけど、他の犬とは仲良くしてくれるかな。
あ、そう言えばこの前動物病院で大きい犬が近付いてきて、これは仲良くなるチャンス!と思いテトも床に下ろしてやったら、逃げもせず鳴きもせず、ただお互い鼻をくっつけてくんくん嗅ぎ合ってました笑 でその後はお互い関心ナシ!えぇ〜〜〜〜!!なんやこのリアクションの無さは!そんなもんなんか!?
でも過剰に反応してしまうよりは安心かなぁ。
まぁ友達作りは長い目でね。

no-title  no-title

写真はオートバックスへ機材車のオイル交換に行ったとき。
待ってる間、もう閉店時間を回っていたので、子供専用の遊び場をテトが占領して遊んでました。でも外の世界はまだ恐いみたいで全然はしゃがない。やたらキョロキョロと周りを観察して挙動不振気味でした笑
posted by 高井響 at 20:11 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年04月21日

バンドのちょっとイイ話

この前の新宿Motionでライヴを観に来てた俺の大好きなドラマー、TETSUROさん(about-tess)と話をした。身に余るぐらいのお誉めの言葉をもらって、こんな下手っぴな俺を「いや〜やっぱツボだなぁ、かっこいいなぁ〜。」なんて言ってくれるTETSUROさんをつくづく心の広い人やなぁ(笑)って思ってたんやけど、一つ印象的やった意見が「他のバンドの時とドラムの出音、特にタムの音が違った。違うセット使ってるの?」って言われたこと。この日出てた対バンのドラマーは上手い人ばかりやったし、純粋に観ててごっつ勉強になるような人達やった。でもそう言われて半信半疑ながらも嬉しいと思った。そして終わった後に同じくabout-tessのタクトさんにも同じことを言われて、、するとどうやらその原因はドラム以外にもあるようだ。そう、それがこの日のPAの人が言ってたらしい話なんやけど「ボーカルの唄の声量があるからドラムを前に出せる。」んだそうだ。ほぇ〜。

これってすごいことやなって思った。リズム隊でそういう関係性とか相性とかって考えることは多いけど、出音自体で観てる人にこんなに伝わるぐらいのことって、、すごいなって。要はねむの唄によって周りも高められてるワケです。しかもこんなに分かり易く。こういうことがどんどん相乗効果となって強い音を発するバンドになりたいってすごく思った。そして俺も周りを高められるドラマーになりたい!
色んな音楽の表現方法がある中でバンドというやり方を選んでる理由、それはそういった人と人との関係性が生み出す波。そこに大きな魅力を感じてるからだ。そしてバンドは何よりも自由だ。かなり紙一重ではあるけど。

確かにこの日のライヴ中は、キアロの“波”“うた”の中で叩いてる喜びをいつも以上に感じれた日だった。
生きてる実感、血が流れて息を吸い込んでる感覚がキアロの演奏の中ですごくリアルに感じられた。この喜びは何事にも変え難い。
posted by 高井響 at 22:30 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年04月20日

音魂〜新宿から

no-title

結果から言うと、ようやく一歩前に出れたと思う。
そんなライヴが出来た。
周りにノせられてとか調子が良くて、、とかじゃなくて、
自発的な意思と音で持っていけた気がするんだ。
これはすごく大きいこと。
それが最近のテーマでもあったから。
いつもよりだいぶ遠くに飛ばせたと思う。その時その時の音を。
こういうことが今のキアロには大事だった。
細かいことは後でええ。
大きい塊になれてるかどうか。
孝太ともそこの意識の距離感が少しずつ縮まってきたかなって。

急遽決まったライヴなのにも関わらず観に来てくれた人達、
呼んでくれた新宿Motionの皆さん、対バンの方々、
本当にどうもありがとうございました!

この日yuyayuyonのウエノさんとのユニットで出たabout-tessのタクトさんや店長の兼田さんにも最後話したけど、なんかこの日はすごく自然体に音楽やってる人が集まっている感じで、みんなとても純粋な良い音楽をしていた。新宿みたいな情報過多な街で、素朴にただ自分と向き合って音楽を奏でている人を見るとなんだか嬉しくなる。この日は音楽のカタチなんかじゃなくて、そういう純粋さを持った音楽人の集まりだったような気がした。新宿っていう街でしかも初出演の新参者だったのに、すごくあったかい気持ちに包まれた一日でした。感謝感謝。

今度5月に高松でも共演することが決まっているイザナギさんや、共通の知り合いがいて盛り上がったMETRO GEEKさん、この日に誘ってくれたタクトさんのyuyayuyonuenouzunoなど、何かどっかで繋がってる率も高かったな笑
mothercoatのvo.の方の弾き語り、ギガディランもすごく良かった。
この日に出演出来て良かったです。


キアロはこの調子でグングン上昇させて高松に乗り込む気構えでっせ!!



no-title

あ、そういえばこの日讃岐うどん食ったんだ!
ライヴ前に孝太が用事で抜けたので、ねむと二人でタクトさんに聞いた
讃岐うどんの店を探索してきました。
あったあった「麺通団」。
いやーなかなか美味かった!
そりゃ現地で食うあの味には及ばないけどさ、全然満足っす。
料金もやっぱりチョイ高いけどね。それはしゃあないとして。
新宿西口方面に行く機会がある人は行ってみな。
東京でもあのコシの効いた麺が食えるヨ!

posted by 高井響 at 21:16 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年04月15日

続いては池袋〜

水戸に続いて意気込んで臨みました、池袋手刀!
リハも良い感じ。

共演は、以前からベースの柳谷さんとは知り合いだったmarcoとようやく念願叶って対バンです。あとは活動休止中のANOYOのドラマー&リーダー&カリスマモデルの小林くんがサポートをつとめる春風などが対バン。

やり慣れたチョップ。
今日こそは!と先月のような心がスカスカするような微妙な感覚のライヴは絶対にせぬよう想像力を膨らます。孝太はリハから調子が良いらしい。ねむはまだ喉の調子が全快じゃない。俺は腰とリハ後から右肩あたりも痛い(なんで!?)。でも、大したことやない。ステージ上から全身全霊で表現してそこから少しでもこぼれ落ちたものがその場に伝われば良い。伝わるハズ。小綺麗に纏まったライヴを観てもらう為にここに立つわけじゃない。多少(いや相当・・)不恰好でもブサイクでも、ライヴをすることの意味は創り上げた曲とか技術を披露するだけじゃなく、それと一緒に熱を伝えることだから。
でも、まだ100%になれなかった。水戸のライヴの先には行けてなかった。
難しいね、つくづく。でも久々にやった「水の音」は気持ちよかったなぁ。
特筆出来るところと言えば、この日は最後まで気持ちが途切れなかったこと。
3人の距離が近くなったり遠くなったりと不安定なライヴだったけど、大事なところは見失わなかった。
終わってゴリイさんに意見、アドバイスを頂く。
まだまだやわい。

この日は懐かしい人が観に来てくれたり、コックローチ拓也くん、ハネト坂野くんも観に来てくれた。marcoを観に来てた元Eのシダさんと再会出来たり。坂野くんとは短い時間やったけど色んな話をした。ハネトとはいつも刺激し合える仲でいれることが嬉しい。

まだ終わってないゾ!
18日新宿Motionがあります。
この日にしか出来ない大切なライヴをします。
この日にしか出せない音を出します。

キアロはめずらしくトリなので、いつも仕事で間に合わない方も是非お立ち寄りください!!


no-title

手刀ライヴ後、春風のメンバーとANOYOリーダー&ダーハラでラーメンを食いに行きました。
あほみたいな話しかしてません。
あ、このラーメン屋に来る途中飲酒検問やってて、俺は飲んでないから大丈夫やねんけど、バイクに乗って後ろを追尾してくるリーダーとダーハラが捕まってないかドキドキやったよ。。くわばらくわばら。

posted by 高井響 at 20:53 | ☔ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2006年04月14日

水戸でライトハウス

ライトハウスでライヴしてきました。
キアロとしては2度目のライトハウス。
コックローチ塁くんのゲストとして呼ばれたライヴを入れれば3回目。
なんかすごく久々な気が。
でもしょっちゅう来てる気もする。

イールショックを爆音でかけて到着したライトハウスには西さんや池田さんといつもの顔ぶれがいて「来たなぁ〜」って実感が沸く。

今日はライトハウス店長稲葉将軍オススメの唄ものバンドが集まった日。
確かにどのバンドもしっかりしていて、良い味を持ってる。
リハはなんか音がまわってしまって、正直やりずらい感じが払拭出来ず終わってしまう。。ちょっと不安が残ったけど、まぁ全力でやるだけじゃ!と開き直って、水戸名物“アラスカ”へ飯を食いに、、行こうと思ったら、早くもコックローチ仁平くんが差し入れを持って楽屋に挨拶に来てくれた。差し入れの団子が美味いこと。仁様ありがとう!!仕事中らしく「またライヴの時間に来まーす!」と颯爽と去って行った。

no-title

アラスカではねむと孝太が漫画にハマリまくり2時間ぐらいいた。俺は相当寝不足だったので、、寝た。漫画読んで、寝れる飯屋ってすごいな!


帰ると間もなく本番開始。
3度目の対バン、水戸の大型新人Life Performerは今日も良いライヴをしてた!
水戸のバンドは若いのにみんな上手いなぁ。

で、キアロはリハとは打って変わって、すごく充実したライヴが出来ました!
音がすごく良く聴けたし、まわりが見えたし、メンバーの顔もお客さんの顔もすごく良く見えた。曲も噛み締めるように一音一音気持ちを込めることが出来た。課題はまだまだあるけど、これだ!って言える気持ちでライヴが出来た。最高に幸せな時間でした。お客さんもすごく聴き入ってくれてるのが分かったし、もっともっと頑張ろうと思えた。新曲も出来たしね。新音源作って、早くまたライトハウスに来たいと思いました!

終わってから仁平くんも「今日すごく良かったっすよ!」
って言ってくれて「よしっ」って思った。
あの団子が効いたな。

そして鹿嶋LOOPのワタルくんや、元jap of countryのスタローンこと曲山くんも観に来てくれた!
ほんま感謝感謝です。
終わって稲葉さんに色んなアドバイスや意見を頂く。
この時間が俺らにとってはとても大切だ。

no-title  no-title


そして続きは打ち上げで。
「音と声」ツアーの時にも行った、稲葉さんおすすめの魚料理がうまい居酒屋へ移動。ぶりのお頭とサーモン刺しがめちゃ美味かったな〜。今回はキアロと稲葉将軍、Life Performer、Back Born Beastに加えて、スタローンとワタルくんも参加してくれた。稲葉さんと色んな話が出来てとても有意義やった。やっぱ水戸はいいなぁ。スタローンの純な恋話もおじさん達の心を打ったしな。キーワードは「キュン」です。
打ち上げ後、仁平くんの実家に呼ばれてたんやけど、遅くなってしまったんで今回は帰ることに。結局朝方まで飲んだ。

また新音源を持って来ます!
水戸のみんな、ライトハウス、今回もありがとう!!



そして今日は池袋手刀でライヴ!!
この調子で頑張るゾ。
今日は久々にギター弾きます。


posted by 高井響 at 05:47 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年04月08日

電気うなぎ達がやってきた!!

イールショック

早速、昨日あった嬉しい再会の話を。
それは大好きなELECTRIC EEL SHOCKのライヴを観に行けたこと。

前はイールショック(EES)のみんなも日本にいたので、以前俺とねむが在籍していたCURLというバンドのイベントに出てもらったり、イールショックのレコ発ツアーの横浜編に出させてもらったりして会うことも多かったんやけど、その後EESはアメリカへ行き、家も無いままツアー→居候→ツアー→・・の連続で全世界を飛び回って、年間200本のライヴをこなしたらしい。そしていつの間にか向こうでは人気者になって帰ってきました。

下北沢BASEMENT BARに着くといきなりベースの前川さんと再会!実は少し前にミクシィ上で前川さんのことを見つけてメッセージをやりとりしてた。そして先月のライヴを逃して悔しい思いをしたので、今回は期待もでっかくなっちゃってました。
今日はNEW ALBUM「BEAT ME」のリリースパーティで、EESはトリで登場。いきなりお決まりのSE、ブラックサバスの「Iron Man」が流れないというトラブルから始まって、そこは生演奏で代用。このSEは前からずーっと変わってないんだなぁ、と妙にじーんとする。
ブラックサバスでじーん、、ってどういうこと笑
みんなでダブルピースを高々と掲げ、そこにドラムのジャイアンさん登場!相変わらず全裸+あそこにルーズソックス。香港のフェスではこれ(露毛罪?)で逮捕されたという笑 全てが懐かしい光景で、音はやっぱりイールショックにしか出せないあの音やった。アンコールも含めてフルセットで1時間20分ぐらいやったのかな?EESの音の洪水にどっぷり浸かってきました。さすがに知ってる古い曲は少なかったけど、新曲がどれもかっこいい!!

no-title    no-title

終わってから物販でCDを買ってサインしてもらおうとメンバーを探す。まずg.voの森本さんを発見!うちらを見つけるなり「おぉ〜どうしたん!?めっちゃ久し振りやん!」ライヴ後でテンション上がりまくってたから思わず森本さんに抱きついちゃいました。森本さんはいつも目がキラキラしてて、少年みたいだ。ライヴでは「僕らはヘビーメタルが大好きです!」と「僕はギターヒーローになりたいんです!」を連呼してた笑 あ、あと「日本は遅れてるなぁ〜。だってヘビーメタルが流行ってないんやもん。」とも言ってた。プレイでは大人の早弾きをビシバシ極めてました。前川さんにも改めて挨拶を。前川さんはバンド内でブッキングを担当してるので、昔もイベントの誘いや事務連絡で良く連絡を取ってた。ステージを降りると?とっても頼り甲斐のあるお兄さんなんです。でもMCで森本さんに「和人くんはもうすぐ正式メンバーになります。」って言われてたけど笑 一番働いてるやん!って。
二人のサインをもらったところで、今回俺が一番会いたかったdsのジャイアンさんに話し掛けに行く。3年振りぐらいだ。もううちらの顔を見た瞬間から怒涛のように話が始まった笑 止まんない止まんない。まずサインくださーい、って行ったら「ばかやろう!お前は素人か!」って一喝されました笑 バンドが大きくなっても変わりなく、謙虚な兄ちゃん。でもやっぱりサインは上手くなってたけどねー笑
話の中でこのアルバムを作るのがいかに大変やったかっていう話から、香港で逮捕された時の話、ドラムの話まで10分、15分ぐらいですごい量の話が聞けた笑 やっぱりこの人のドラムも人間も大好きやなぁって思った。


no-title  no-title no-title

その後メンバーの皆さんにキアロの音源を渡して、帰り際にまたジャイアンさんと話してたら、アメリカではジャイアンさんモデルのスティックが出てるとかで、見せてもらって、俺が欲しそぉ〜な顔してたらくれました笑 やたーーーー!!
その他にもシンバルメーカーPaisteのモニターになってたりして、向こうではほんまにすごいことになってるんやなぁ、とちょっと遠い存在に感じたり。。でも、このスティック日本で買えないんすか?って聞いたら「買えるかい!誰も俺のことなんか知らんわぃ。」やって笑 でもきっとこれから日本でもイールショック旋風が巻き起こるよきっと。だって、ホンマもんやもん。
まじカッコいいよ!あ、でもメタルが流行ってないからダメ?笑

Gian
↑コレ。
ポリスのスチュワートコープランドと対等に並んでるんですけど・・・。
ほんまはめ込み写真かと思ったよ!あ、ジャイアンさんすんません。。
ちょっとデカいけど、、ちゃんと見えるようにこのサイズで。


6月にはアメリカで開催されるBonnaroo Festivalにも出演決定だって。
すげぇ〜レディオヘッドやBECKと一緒に名前を連ねてます。
また早く観たいなぁ。むしろこのフェス観に行きたいね。
でも今後はちょくちょく日本にも帰ってくるみたいなんで楽しみにしてます。

EESのみんなが「早よ、また一緒にやろうや!」って言ってくれたことが実現するように、
俺らももっと自分達の生き様を音楽を込めよう。
なんか早くライヴがしたくなった!!

来週は11日に水戸LIGHT HOUSEと14日に池袋手刀でやります!
新曲やるよー!!
観に来てくれ!!ダブルピース!!!!!!

ダブルピース


posted by 高井響 at 20:10 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年04月07日

レッスン⇒来客

昨日は行きつけの新丸子スタジオでドラムレッスンを受けてきました。
最初、高校時代に従兄弟にスティックとリズムのおもしろさを教わって、それ以外にはCURL時代にプロデューサーの梶くんに“ドラム”を教えてもらった。ギターは高校時代に計3人先生に付いて教わってたけど、良く考えてみるとドラムで正式にレッスン!ってのは初めて。主に基本的なフィジカル面を教えてもらった。今回教わろうと思ったのは、やっぱり長くドラムを叩く為にはなるべく体の負担を無くして、自分では気付かない変な癖を取っていかないとダメだと思ったからだ。ドラミングのレッスンというよりは、リズムの感じ方とか、体の姿勢とか、普段の身体的なエクササイズとか、そういうことをいっぱい聞けた。
もともとは先に髭のフィリポ川崎が教わっていて、とても良いというので俺もお願いすることにした。とても分かりやすく、その人に合ったやり方で教えてくれる先生だった。そして先生は今ラーメン二郎にとても興味を示している。(川崎から話を聞いたんやろな。。)じゃあ、そこは俺がレッスンを・・ってことで商談成立!?

その後ブルシュガことBLUE SUGAR SPIRITSのvo.かぁこちゃんとg.大輔くんが我が家に遊びに来てくれるということで新丸子駅で待ち合わす。引っ越し祝い&テトとの初対面に来てくれました。で、どうしてもラーメン二郎が食べたいというので(嘘)、ハードルの高い小杉の二郎に連れて行ってしまいましたよ。ここは二郎の中でも特に量が多いので、二人には麺少なめで注文することをすすめる。案の定少なめでもかぁこちゃんは食べきれなそうやったからその分まで頂いてしまいました笑 いやぁ、久し振りに小杉二郎を堪能!

no-title

後はうちに来て、酒を飲みながらDOORSのDVDを見たり、NIRVANAのブートを見たり、俺からはブランキーの超レア映像を披露したりしながら、色んな話をした。なんかあっという間やったけど、なかなか会う時間が作れなかった二人とゆったりした時間を過ごせて楽しかった。テトも二人に遊んでもらって満足したらしく、二人が帰った後は死んだように眠りにつきました。。
下の写真、これ寝てるんです・・。酔っ払いやでコレ。

no-title


お二人さん、楽しい時間をありがとう!また来てねー!!



※そうそう!今日は今日でとても嬉しいこと&再会がありました!
 また近々詳しく書きまーす。
posted by 高井響 at 23:55 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年04月04日

其処カラ何ガ見エルカ

最近また、eastern youthの音がズンズンと心に響く。
ブログ不精になってる間にあったこと。

先週、大学のサークルの佐藤カドゥーとスタジオに入った。
最近メンバー以外の人と音出してなかったから楽しかったなー。
彼は突発的にやる気が芽生えたみたいで笑、それが伝わってきたし純粋な今のカドゥの音が出てておもしろかった。また音が固まってきたら一緒に音出そう!

土曜日には演劇披露ウツボ団の打ち上げ(という名の食事会)に参加。恒例となった狭山にある飯島団長の自宅へ。今回も次々と飯島お母さんの必殺料理が出てきて、胃も心も大満足。今回は少数精鋭で首脳会談の様相を呈していた。か?ねむは体調が悪くてほとんど食事を口に出来ないという可哀想な結果やったけどね。。今回も楽しい宴でした。飯島家の皆さん、いつも本当にありがとうございます!
次は飯島家オススメのつけ麺に行きましょ。

他にも誘われた公演やライヴ、花見など・・あったんですが、タイミングが合わなくて顔を出せないことが多かった。ん〜、時間が、もしくは体がもう一体欲しい!
みんな〜、懲りずにまた誘ってくださ〜い。

あ、麺と言えば一ヶ月振りにラーメン二郎(正確には蒲田のラーメン大)に行ったな。
一ヶ月も二郎を絶ったのは2年振りか!?笑
うっぷ。ごちそうさま。

no-title


新しく家の住人となった子犬のテトは、ここに来て早二週間!
もう、超が付くぐらい元気です笑
ケージの外のトイレもおしっこはほぼ憶えた。早い!賢い!親バカ?
ケージ内のトイレは最初から外さずに出来たからね。素晴らしい。
でもケージ外でのウンチはまだ違う場所でしようとします。
ま、根気ですな。
この前2回目のワクチン注射に行って、動物病院なんて初めてなんで俺が緊張してしまって・・。でも良い先生方で安心しました。注射の時はすごく鳴いて可哀想やったなぁ。。今月末にもう一回注射に行って、それから少しすれば散歩に行けるゾ!頑張れテト。

no-title  no-title

写真は抱いて多摩川に初めて連れて行った時のものと、音の出るおもちゃに食らいついてるやつ。これからも健康ですくすく育って欲しいです。今は膝の上で半目を空けて爆睡中。。この顔がまたたまらんです。


今日は横浜まで行って桜と海を見た。
天気が良くて暖かくて、申し分ない花見日和。
毎年巡り来たる春、変わらずそこに横たわる海。
色んな想いが頭を駆け巡る。
春に必ず色づく桜の色を、あるがままの美しさで見て取れただろうか。
海の大きさとうねる水面に、畏怖の念を感じれているだろうか。
初めてその風景を見たテトにとっては、全てが刺激的な景色の連続に違いない。
どんな時も、当然の如く目の前に現れる景色を、褪せさせることなく見ていたい。
そんなことを思った。其処カラ何ガ見エルカなんて自分次第。

no-title
posted by 高井響 at 18:58 | 🌁 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2006年03月26日

テト&シム

いま子犬がうちに来てます!
ねむ脳にも来たときの写真がいっぱい載ってます。
先日弟と母親がこっちに遊びに来た時に、子犬を見に行って盛り上がり、出会ったキャバリアとチワワのミックスの子が忘れられなくて、、母親と会議を開いた結果、共同購入というカタチで高井家に迎えられました。住宅事情の関係がありうちではずっと飼える保証が無いのでその時は実家に行くことになりますが、出来る限りこっちで面倒見たい!ということで。今は、うちの実家には既にヨークシャーテリアが一匹いるのでワクチン接種前の子犬は一緒に生活出来ません。
それにしてもまだトイレも完全には覚えてくれていないからなかなか大変です。女の子やのにめちゃくちゃ活発&やんちゃやし。でも堂々としていて、人も大好きで、すごく良い子。
名前は「テト」にしました。ナウシカで思い付いたのと、誕生日が1/27なので、その時期ちょうどベトナム(やったかな?笑)の大晦日〜正月の意味を表す「テト」にしました。中性的でオスメスどっちとも取れる名前やしいいなーってのもあったし。
しかし最近テトを見る為に来訪者が急に増えた笑
来たい人、ご一報くださいなっ。

no-title  no-title



話は変わって、先日キアロのレコーディングエンジニアをしてくれている大島氏率いるsimを大学時代の後輩、佐藤カドゥと観に行ってきた。この日は・・のsimとは違い、唄の佳村萌さんが加わった4人編成。最近どんどんsimが好きになってきていて、この日もかなり聴きたい欲求が高まっていたので、一曲目からズゴーンっときました。もう何だかうまく言えないけど、あの人達にしか出せない世界、あの音が無性に欲しくなる時がある。ほんま身体の中から刺激を受けた気がするなぁ。あの中毒性に近いものを発してるロックバンドって、、最近出会ってない気がする。ライヴの出来とかそんなの全然分からへんけど(難しすぎて?)、とにかくすごく良かった。多分音の選び方とか入れ方とか時間とリズムの流れ方とか、、すごくセンスが合うんやろうなって思う。だからどんどん入ってくる。そういうセンスを持った大島さんやからキアロのレコーディングもスムーズにいったんやろうなー。そしてその次に出たERA [鬼怒無月,g+壷井彰久,vl]も凄かった!
鬼怒さんは俺が昔横浜は関内のJAZZ系ライヴハウス“エアジン”で働いていた時以来でした。懐かしい・・。相変わらず超絶技巧。俺は観てて胸がアツくなる鬼怒さんのギターがやっぱり好きだなぁって思った。一緒に行ったカドゥ佐藤も刺激を受けたようだった。

no-title
あ、、simの皆さん、またまた無断掲載お許し下さい。。

終わって大島さんに挨拶しようと楽屋に行くと、鬼怒さんとも話すことができてむちゃくちゃ緊張した。。あーまた早くsimが観たい。来月の仕事のシフトを見ると、simのライヴの日は仕事やった・・。
早くライヴがやりたくなったっっつ!!


posted by 高井響 at 21:15 | ☔ | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。