2006年03月19日

ピリリリリっときたよコレ。。

17日は楽しみにしていたREDЯUM&DURGA“嚢砂背水TOUR FAINAL”@新宿LOFTにねむと行ってきた。初めから行くつもりだったけど、色々立て込んでて少し遅れてからロフトに入った。と入る前に無限マイナスの仁平くんと会い、しばらく話し込む。
5月にまた一緒に旅が出来るかもしれないので、それについてやそれ以外のことについてあれこれ話した。

入場するとちょうど凛として時雨が始まるとこ。
今回こそちゃんと観ようと思ってたastrocoastは終わってしまったらしい。。

時雨は今まで観た中で一番良かったのではなかろうか。
むちゃくちゃキタ!ドラムのピエールにも言ったけど、何か音の隅々まで神経が行き渡ってる気がした。だからと言って神経質な演奏なんじゃなくて、どっかんどっかん爆発してた。刺激を受けたよ。ありがとー!ミヨコちゃんには会えたけど、TKと会わなかったなぁ。感想を伝えたかった。

そしてDURGA!最初全体の音にあまり拡がりが無くベタッとしたイメージから始まった。あきゆきの声はそんな中でも相変わらず突き抜けてきたけど、やっぱりDURGAはもっとひろーくて遠くまで見渡せる感じの立体感のある音が良い。でも途中から少しずつ良くなってきた。やっぱり良かった。

トリはREDЯUM!祐也くんがどぉんな感じになってるのか、とか聴いたことない新曲とか、楽しみがいくつかあった。音を出した瞬間、あっという間に奥行きのあるREDЯUM特有の空間に場が変わって、さすがやなぁって思った。で、この日特に良かったのは祐也くん。何がどう良かったっていうワケじゃないのかもしれないけど、単純に祐也くんらしかった気がする。周りの音を感じる感覚と自分の音を出す感覚のバランスが良くなってきてんのかな。祐也くんがグイグイって場面もあった。あとユミさんの出で立ちというか立ち振る舞いが良かったなぁ。


またまた刺激をもらった。ほんま早くライヴやりたい。
呼んでくれたREDЯUMカジさん、ありがとうございます!

しかし今日は色んな人達に再会したなぁ。
体脂肪率が10%ぐらいになったというコックローチ塁くん、フェニーチェのバイトししくん、夏男ましくん、無限マイナスのみんな、前日に引き続きabout-tessやthe tronの皆さん、ANOYOのみんな、一子ちゃん達や鹿島軍団、THE BACK HORNの面々などなど。あ、REDЯUM初代ベースの外さんもいてびっくり。ちょこっとやけど話せて嬉しかった。


no-title

ライブ直後の祐也くん。
塁くんに「BとCにいくところ、間違ってEにいってただろ!?」と言われ、
祐也くん「いや、あれはワザとそうしてんだって!」
こんな子供みたいな二人を、バックホーン光舟くんと将司くんが微笑ましく(呆れて?)
見守ってる姿が印象的でした。
posted by 高井響 at 19:55 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年03月18日

ピリッと刺激を。。

16日は池袋手刀でライヴでした。
この日は既に知ってる人がいるバンドばかりでしたが、意外にも全部初対バン!
GLF lesson、the tron、about-tess、とどれも良かった。ほんま良い刺激になったなぁ。特にabout-tessは良かった。そしてテツロウさんのドラムにはめちゃくちゃ刺激を受けた。101Aでサポートしてる時に観た秋山さん(downy)とsimの植村さん以来。すげーって思った。KULU/KULUの時からすごいなとは思ってたけど、この日はさらに衝撃でした。about-tessはめっちゃカオスやのに、音が澄んでて気持ち良いんです。これはすごく大切なことやなって思った。
そして終演後テツロウさんといっぱい話せて嬉しかった!

キアロは悪くはなかったとは思うけど、前回同様、まだ何か詰っかえてる気がした。
だめだ、3人共にまだまだ曝け出てない。新曲も作って、3人でキアロの核の音を見据えて、今度はもっと遠くまで音を飛ばす!!

次回は4/14(金)にまたまた池袋手刀でやるので、
みぃーっんなさんっ是非観に来て下さいね!
4月の水戸と池袋が終わるとキアロはレコーディングに入る予定!
ということで次に都内でやるのはちょっと先になりそうです。
今は早くライヴやりたくてしょうがいない。


とにかくこの日は、打ち上げもスクリーンでホットスタイルゴリマチのラストリブを観たりして楽しかったし、ゴリイさんともいっぱい話せたし良い一日でした!
手刀スタッフの皆さん、対バンの皆さん、そして観に来てくれた方々、
ありがとうございました!!


no-title

ライヴ前にみんな大好き回転寿司に行ってきました。
ねむさんご満悦。孝太ややイノキ。



posted by 高井響 at 20:59 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年03月15日

続続・連休

3連休最終日は代々木までライヴを観に行った。
疑心暗鬼ヨコオさんの企画“数え切れない星が降る”。

企画者ヨコオさんの気持ちが行き渡ったとても良いイベントでした。
2番目に出ていたブルシュガことBLUE SUGAR SPIRITとハネトが目当て。

ライヴハウスに着くなりハネトの坂野くんと晋ちゃんと半年振りぐらいに再会!
相変わらずな感じで嬉しくなる笑 来月にアルバム発売ということで、レコーディングにまつわる話などを聞いた。色々大変だったらしい。
ほんとに結晶という言葉が良く合う作品になってるのではないだろうか。
アルバムのサンプルを頂き、家で車で全11曲をじっくり聴いて、前作までのハネトとは明らかに違う新たな次元に挑んだ音だなと感じた。もちろんまだまだ過程だということ、自分の中の大きい“音楽”というものの一部でしかないとは坂野くんも話してたけど、確実にその一つを極めようと猛進してる姿を見た。ライヴはそんな感じだった。以前よりも遥かに荒削りになってることに驚いた。荒い音の中にすごく純粋なものがちょっとずつ見え隠れする、そんな印象のライヴ。俺の中で、天空の城ラピュタに出てくる、木の根に覆われて姿を隠している飛行石のようなイメージ。もっと一音一音紡いでいくともっと伝わる音になってくるんだろうと思う。今は気持ちが先に前へ前へ行ってる感じなんかな。

話し込んでると間も無くブルシュガが始まった。
音もバンド自体も堂々としてきてて、どんどん逞しくなってきてる感じがした。
あとは音が、バンドの空気が、曲の景色がステージから溢れ出してきたらもっと惹きつけることが出来るんやろうな。これからどうなっていくのかほんま楽しみなバンドです。MCでは相変わらずかぁこちゃんの鹿児島弁が炸裂してました。
あ、写真の無断掲載許して!ハネト撮るの忘れたぁ。。

no-title


他の出演陣も良かった。
だからイベント全体としてとても心地良かったなぁ。

終わってからもハネトやブルシュガのみんなと、
主催者ヨコオさんも交えたりして沢山話して帰った。
妙に帰りが寒かったけど、みんなと会えて嬉しかったな。

no-title
↑左からハネト坂野くん、ねむ、ブルシュガかぁこちゃん、、と、
こっちに背を向けてダンボールの梱包作業をしている人はハネト晋くんです。
切り絵師?の方の搬出を一生懸命手伝ってます笑




さてさて明日はキアロスタミでっす!!
前から楽しみにしていたライヴ。
すごく刺激的な競演陣なので自分達も楽しみです。
じゃんじゃん観に来てくださいよ!!


3.16(木)池袋手刀
chop super event“G(モックンロール)”

w/about-tess
  the tron
  GLF lesson
  キアロスタミ

【open/start】18:30/19:00
【adv/door】\1.500/\2.000

問い合わせ:03-5951-1127(CHOP)



これからスタジオ行ってきまーす。
posted by 高井響 at 22:02 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年03月14日

続・連休

ダーツ対決は最終的にわたし圧勝でした。ししし。
言い出しっぺのフィリポ惨敗。

あまり長居しても迷惑なので(この時点でかなり長居してるけど)ミツハシくんに別れを告げて、外に出ると朝日が眩しい。川崎は吐いて楽になったのか、復活気味。俺も結構飲んだ割には調子が良いし眠くない。二人で新丸子をふらふら歩き回った。前に川崎が一人暮らししてたマンションに行って懐かしんでみたり、屋上に上って朝日を浴びてみたり。一通り歩いて二人共疲れる。朝8時頃に解散。

次の日、昼の2時時ごろに起きてまたフィリポに電話。
川崎の宮前区にあるちょっとだけ二郎っぽいラーメンを出すらしい「麓郷」に行く。
車が混んでてすごく時間が掛かったけど、音楽を聴きながら、DVDを観ながら、
色んな話をして楽しいドライブやった。


no-title

ラーメンは着くまでに時間が掛かっただけにうまかったけど、
別にもう一回来る気にはならなかったな。
高いしね。やっぱモノホン二郎はスゴイっす。

二人共暇人なのでそのまま都内に入りショップ巡り。何のショップ巡りかってね、ペットショップですよ!これはなかなか熱かった。軽く疲れたもん笑 でも前にグッときた子がいて、その子がやっぱり忘れられない・・。


帰って川崎を送っていくと「うち寄ってく?」と言ってくれるのでお邪魔させてもらいました。パピヨンのラビが出迎えてくれる。綺麗な犬やなぁ。そして初対面のお母さんといっぱい語る。川崎とは10年ぐらいの付き合いやけど、お母さんと会って話したのは初めて。ご飯までご馳走になってしまった。。美味しかったー。そうそう、そのお母さんが俺達が帰ってくる前に副音声になってることを知らないままジュラシックパークの映画を観てたようで、字幕も出ないしずぅっと英語やしこれはおかしいぞ!ってことになってテレビ局に電話掛けようと思っていたらしい・・!笑 天然で愉快なお母さんです。こんな会話をしながらげらげら笑ってる川崎とお母さんの姿が微笑ましかった。


夜11時には失礼して川崎は個人練で新丸子のスタジオへ。
俺はねむを迎えに行ってキアロ練の為渋谷へ向かう。

この日は渋谷サイクロンで練習。というか以前からPA見習いのシラト君から依頼されていたことで、キアロの音でPAの練習をしたいと言ってくれたので、そりゃもちろんOK!うちらで良ければってことで実現した日なのでした。

no-title

結局深夜1時〜4時半ぐらいまで、みっちりリハーサルさせてもらいました。
うちらとしてもとても良い練習になった。
サイクロンの音をフルに出しながら練習出来るってなんか贅沢だなって思ったのでした。

no-title
↑途中の休憩中にパートをチェンジして遊びました。
 これも外音をフルに出して贅沢に!笑


PA担当のタジマ君とシラト君ありがとう!おつかれさま!!

posted by 高井響 at 18:31 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年03月13日

休日

この前の週末に珍しくのんびりとした3連休があったので少しリラックスできた。
その前の週も3連休があったけど、母親と弟が遊びに来ていて連日バタバタ動き回ってあっという間に終わってしまった。その後も妙な疲れが残ってあんまり体調も良くなかった。でも久々家族(お父さんは来れなかったけど)で色んな場所に行って楽しかったけどね。弟は一浪決定したから今年は受験で大変だ。またゆっくり遊びに来いよ!

で今回の3連休。まず、しょっちゅう利用している新丸子の某スタジオの店員であり、大学時代のサークル“コールディゾンネ”の後輩でもあるクワバラくんの送別会を開催した。彼は就職も決まり、来月には新丸子を出て行くという。出会って1年も経ってないけど、お世話になりまくってた(後輩なのに笑)だけに寂しいね。同じくスタジオで働くミツハシくんと髭のフィリポ川崎と4人で飲んだ。この顔ぶれで飲みに行くのは初めてやけど、あまりにも自然に会話が弾んで楽しかった。やっぱり音楽の話は尽きないし、大学時代の懐かしい話とかもたまにはオモシロイね。その後これまたスタジオ店員の山ちゃんが来て、深夜になってからは仕事を終えたケヤキが顔を出しに来てくれた。次の日朝早いのにありがたい!
ラストで店を追い出された後はもちろん某スタジオへ雪崩れ込む。かなり酔っ払ったフィリポ川崎が何を思ったか「ひびき!タムのチューニングしよ!」だって。もう朝方4時半ぐらいだったので入ってる人もいなくなり、スタッフの人に「じゃチューニングしてくるよ!」とか言ってベロンベロンの二人で出来る筈も無いタムのチューニングを始めたのでした笑(スタジオのスタッフの皆さんごめんね!)

スタジオから完全に人が捌けた後は、店員のミツハシくんと川崎と俺の3人でダーツ対決!

つづく。。

no-title
posted by 高井響 at 22:53 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年03月01日

核だ平和だつけ麺だ

無条件に、ダメだよね。絶対。

http://www.kami-douga.com/movie/kaku.htm



ゲームみたいに見えるのが逆に怖い。

http://www.kami-douga.com/movie/gato.htm




俺の日常!
一人でペットショップ巡り。色んな犬達と顔を合わす。
やばい・・パグ飼いたくなってきた。。

今度は比較的近くで美味しいつけ麺屋を発見!!
まじ美味かった!!

ビバ平穏!!

no-title  no-title


“平和”って普通にあるもんと違うねんなぁ。

posted by 高井響 at 22:34 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月27日

ウツボ&ラスゴリヴ

昨日は昼に横浜の相鉄劇場へ、ウツボ団の公演を観に行く。
公演といってもいつもの単独公演とは違い、4つの劇団が数珠繋ぎに芝居を披露していくというものらしい。バンドの対バンと一緒だね。雨とはいえ日曜の横浜の混み具合はすごい。
申し訳ないことに15分も遅れてしまった。。
今回は演劇披露ウツボ団の根幹を成す飯島としげの二人での芝居。
今現在の二人の出すオーラが観れて良かった!
観終わって帰りの車の中で色んなことを思った。
自分達のことにも通じる大切なことに気付いたり。
刺激を与えてくれる友というのはほんとに大切だと思った。

今回俺が不参加だったばっかりに音響に廻ってくれたげんさん、ありがとうございました。今までで一番豪華な設備の会場でしたね笑 会場で会った飯島お母さん、うめさん、そしてこもに挨拶をして別れ、げんさんとは一緒に楽器屋に行ってから別れた。



これからホットスタイルゴリマチのラストリヴがあるということなので、途中でねむを拾い一路新宿ウルガドームへ向かう。

開場前に色んな人と会う。ex paleorangeかんぶさん、ましくん、ANOYOダイスケくん、REDЯUMのみんな、101AのTHE Kこと久保さんと舞さん、みんなホットスタイルゴリマチの登場を今か今かと待っている。


no-title  no-title

そしてやってきた!ゴリマチという男ががあんなに大きく見えたことはあっただろうか。ひとまわりもふたまわりも大きくなっている。何が大きくなってるかって・・マリカスマリカス!そのマリカス性も然ることながら、全体としてほんま良いライヴで満員の開場を湧きっぱなしだった。あ、リヴね!曲も「POISON」から始まって「Melty Love」「ロージア」等、往年の名曲が続々登場。前回やった長渕「close your eyes」はさすがにやらなかったけど笑 
最後だとか別にどーでも良くなった。だってあのライヴが観れたんやもん。あ、リヴね。最後じゃないとあのリヴは無かったよ、きっとね。だからむしろ最後だったことに感謝するぐらい!、、でもね、1年前のsodsワンマンを思い出して目頭が熱くなったのも事実。続けて欲しいなぁっていう感傷に陥りそうな自分に喝!とにかくゴリマチというマリカスが健在である限り、彼の周りでは必ず何かが起こる。そんな確信めいたものが俺にはあるので、最後だとは思わないことにした。

ライヴ後のホットスタイルゴリマチのメンバー。勢揃いである!
って言いたいとこやけど、良く見るとドラムのTSUYOSHITがいない・・。
見事にフレームアウトサイダーでした。ごめんね、ツヨシットっ!
  ↓   ↓   ↓
no-title



かつて、楽器が出来なくてもロック出来ることを教えてくれたパンクの先人達がいた。
ゴリマチさん、あなたが人に与えてるものはそこに限りなく近いんだということを俺は気付いてしまいましたよ。
posted by 高井響 at 23:04 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月25日

心に刻んで。

昨日雨の中ライヴに足を運んでくれた皆さん、ありがとうございました!

サイクロンはひっさびさに年末イベントでやったけど、解散ライヴやワンマン以外で通常のライヴに出るのはほんとに2年振りぐらいかもしれない。今日は長年の付き合いになる三浦店長もいて、知り合いのバンドこそいないけど今日のキアロはリラックスモード。リハまで時間があったので3人でサイクロンのすぐ下のすき家まで飯食いに行く。今世紀最大の食いしん坊女史ねむは、すき家を出た直後に斜め向かいのサンマルクカフェで売ってるチョコクロワッサンを買うと言い出し、孝太と俺はとぼとぼとついていく。目の前でチョコクロそのものを見ると僕達私達も我慢が出来なくなり結局3人でチョコクロ買いました。これ美味いから疲れて甘いもん食いたい時は食ってみて。しかもホクホクと温かいんよー。

戻って程なくしてリハ。特に何の問題も無くスムージーに終了。
あっという間に本番。割とリラックスしてやれたんやけど、何故だか、なーぜなんだか、、如何せん曲に気持ちが持っていかれなかった。途中から色々考えちゃったし。。良かった曲もあったんやけど、全体として流れの無いライヴになっていたと思う。今年に入って、毎回ライヴやるごとに成長してる実感があって気持ちも自然に入っていったんやけど、この日はなんでか3人の音が混ざり合わなかくて、んむ〜〜〜〜っとか思ってた。。原因は色々と考えられるけど、それはここで言う必要もない。とにかく終わった後は何とも気持ちの悪い感覚が残っててモヤモヤ〜〜〜って感じやったけど、メンバーで話したり三浦店長と話したりしてると自然と整理されていった。結果的に昨日のライヴはやってヨカッタ、マジで!!気付けたことに感謝やな〜。また次が楽しみ。

この日はCARTON BOXさんとサイクロンの共同開催らしく、CARTON BOXの人達とは実はCURLの時に対バンしたことがあるって思い出したり、初めてちゃんと話したけどとても良い人達だった。あとVJをしていた齋藤さちよさんとは良い出会いになった。話を聞くとJohn juhl's Cornfieldやmono、fra-foa等の映像作品やデザイン関係を手掛けている人のようで、すごーい人やのにとても気さくで初対面でも気兼ねなく話せた。ほんま良い出会いでした。


しかしねー、、まぁこれは余談やけど、いつの時代もいるなー。音楽しに来てんのか女の子ときゃっきゃやりに来てんのか分からんマナー知らず&学園祭気分のバンドが。キアロスタミになってからは共演者に恵まれてるのかそんなストレスはあんま無かったからなぁ。古臭い考えかも知れんけど、こっちは音楽を楽しむことと楽しんでもらうことにめちゃくちゃくそ真面目やからね。そういう人達の気を削ぐようなことはしないであげて欲しいね。俺らは慣れてるから良いけどさー。でも慣れてない孝太はキレそうになってた(笑)どんな音楽でもスタイルでもチャラチャラしてても構わへんから、音に声に曲にライヴに気持ちを入れてくれー。それじゃあなぁぁんにも無いやん。家でやりぃよ。あ、それは無理か。。とにかく同じとこに立つな。なぁーんて、偉そうやね!でも少なくともこの一日に、このステージ30分に賭けてみんなやってるはずやから。音楽どうこうの前に人としてだよ人として!
ちょっと毒っけづきました。えへえへ。

帰りは観に来てくれた剛くんとねむと3人で三茶の味噌一でラーメン食って帰りました。

次は3/16の池袋手刀!
音楽ってバンドってほんまおもしろい!
一、二歩(?)確実に前に進むぜぇぇぇぇ!


明日はウツボ団の演劇とホットスタイルゴリマチに刺激と情熱をもらいにいってきます。




posted by 高井響 at 22:31 | ☔ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月24日

海堀家滞在記<最終日>

最終日は夕方まで爆睡。
最後の日の目的の一つは、やっぱりラーメン二郎!

no-title  no-title


本店に限りなく近い目黒二郎に賢太郎くん&ミキラヴ夫妻を連れて行きました。
ここはいっつも行列が出来てるからあんまり行かへんけど、
この日は目標達成の為頑張って30分ぐらい並びました。
妊婦にこの並びはちとキツかったね。。
でも二人とも大満足してくれて良かったヨ!


そっから祐也くん(ex COCK ROACH,現REDЯUMサポートベース)と
カズマックス(ex G-FREAK FACTORY,現 無限マイナス)を渋谷に
迎えに行って6人で武蔵小杉のねむ邸へ向かう。

途中でねむ姉妹の家の前を通ったので、厚かましくもアポを取ってちょっとお邪魔することに。ねむのお姉ちゃんが飼い始めた犬がいたんやけど、この子がめちゃくちゃ可愛かった〜。ほんま、犬を飼うことをリアルに考えてしまう。。お姉ちゃんは不在やったけど、もうすぐロンドンへ旅立つ妹のあっこにはこのサーカス団(ひげ2名にはげ2名)を紹介することが出来て良かった(?)

no-title
↑かわいい妹の背後に迫る猛獣達。。




no-title  no-title

ex COCK ROACHの塁くんと現無限マイナスの仁平くんも賢太郎くんに一目会おうと来ることを試みたけど終電を逃し断念。結局6人で健康グッズを裏活用したり、ねむの絶品ハッシュドビーフを喰らったり、前日のライブビデオ見たり、リンカーン見たり。賢太郎くん&ミキラヴの結婚式のビデオはこの日のメイン上映。鹿嶋代表、男の中の男?Mr.スピーチことトミザワ ヨウヘイ氏のスピーチを何度も検証したり、賢太郎くんのお父さんのスピーチに涙したり。そんなこんなであっという間に朝方。終わってしまうのは寂しかったけど、海堀夫妻滞在最後の夜は最高に楽しい夜やった。

今度は産まれてくる子供連れてこっちに遊びに来てね!
でもその前に海堀不思議堂の開店を祝いにうちらが香川へ赴くでしょう。


ほんまあっという間に時間が過ぎたなぁ。
今日はもう次のライヴだよ!!
古巣、渋谷CYCLONEにて。

posted by 高井響 at 05:45 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月23日

鹿嶋に吠える

2日前ぐらいに頑張って書いた日記が消えてしもたー!
もうやだ・・。詳しくはねむ脳を見てください。。

no-title  no-title

とにかく書いておかなければいけないのは賢太郎くんの弾き語りは凄まじかったってこと!男・海堀賢太郎の人間性が滲み出た一人舞台やった。いきなり一曲目の最後のサビで対バンのメンバーをステージに上げて即席バンドを作り上げ、お客さんも巻き込んで大合唱。最初にステージへ上げられた俺はドラムを叩くよう指示をされた。あ、あのー、一応次出番なんですけどー。。笑 いやいや、そんなん関係無くなるぐらいすっごく楽しかったな。
次の曲では彼なりの反戦歌(これは地元の雑誌の評論に取り上げられたほど強烈なメッセージを持った曲)を唄い上げ、最後の曲ではステージを降りてお客さんを座らせて井戸端会議状態で熱唱。観ていると、何か緊張の糸が切れたような感じになった。この次に出るキアロは、全部曝け出すぐらいじゃないとやられる!って悟った。というか賢太郎くんの一人で唄う姿を見て、逆に自然体の力が湧き上がってきた。結果ライヴは今の自分達の中では最高の出来だったと思う。終わった後に“伝わった”っていう実感があった。なんといってもこの日は孝太が絶好調!ベースに引っ張られてる感がある演奏はやっぱり気持ち良いしナチュラルだ。賢太郎くんも何回も「今までで一番良かったがー!」と言ってくれて、すごく変化したとも言ってくれた。新生キアロの土台っていうか、なんて言って良いのか分からへんけど、元になるもんが出来てきたって気がするな。


あ、そうそう。実はキアロの音源を聴いて予習までしてくれていたという、照明の麻衣子ちゃん。その日熱があり、体調が悪いというのにしんどい身体をおしてリハまでやっていってくれた。全くありがたい話だ。次の日は自分のライヴだって言ってたけど大丈夫やったかな?麻衣子ちゃんありがとうね!!次は思う存分ライティングをオペしてくれ!
そして今回まだ3回目だって言ってたPAのワタルくんも頑張ってくれた。確かにまだぎこちないところばっかりやけど笑、何より熱意を感じたのはライヴ中に演奏者の顔を終始ずっと凝視してること。これって演奏者にはすごく安心感を与えるんだよね。別に抜群の中音じゃなくても良いライヴ出来ないといけないし、お金払って観に来てもらってる以上そこはこっちの話、もっと言うと言い訳になりかねないねんけど、たまにモニターが急に割れだしたり(音がね)、全く聞こえない音があったり、、そういう時にPA卓から常にうちらを見てくれていると、こっちが目や手でちょっと合図しただけで伝わる。数秒で。長い人になるとずっと見てなくても感覚で分かってくる部分も出てくるんだろうけど、やっぱり初心者ならワタルくんのように「せめて自分の出来ることだけでも全力でやろう!」っていう心意気が欲しいよね。うん、その心意気にが気持ちヨカッタよ!ありがとうワタルくん!
そしてそれ以外にもトミさんを始めスタッフの皆さんに大変お世話になりました。今回も思ったけどLOOPはとにかく全力なんよね。みんなが。小慣れてないから成せるワザなんやろうな。だからこれからもヘタに小慣れず、ギリギリの線を全力でオペレィティングして欲しいです。そんなLOOPが大好きなんで。


no-title  no-title

そしてその後は怒涛の打ち上げ@すぎ家になだれ込んでいくワケです。
なんとこの日は記念すべき「すぎ家」初の打ち上げだったらしい!
出てきたおにぎりやらから揚げやら焼きそばやら・・すごく素朴な味で美味しかったなぁ。
もうLOOP→すぎ家コースは恒例になるだろね。
次行った時に出来てるであろう新メニューが楽しみ!
ちなみに俺はたこ焼きの醤油ダレ&塩ダレを提案しておいた。簡単に出来そうだもんね。

写真左:今日は良いプレイが出来てご満悦の孝太。
     飲めない酒まで飲んでこんなキャラ。。
写真右:孝太に今後彼女が出来たとして、バイクの後ろに乗せることを
     バーチャル体験しとこうよ!の絵。彼女役がPA見習いワタルくん。
     孝太は妙にワタルくんに気に入られてたなぁ。大丈夫やろか。。

 そういえば打ち上げにいたみんなで写真撮らなかったなー、、残念。


俺は打ち上げでちょっと寝たので帰りは意外に元気。早朝の渋滞に巻き込まれない内にと4時頃鹿嶋を出発、みんなに別れを告げた。今回は奇跡的にあんまり眠くならず、ノンストップで孝太宅→新丸子と順調に帰宅。帰りの車中は全員爆睡で音楽消すと超静寂 笑 特に賢太郎くんは一人一人車から降りて人が減っていくのにも気付かないぐらい深く眠ってて、最後にうちの駐車場に着いた時には後ろの席で一人になってて、あれ?みたいな笑 きょとーんっ、でしたなぁ。
昨日と同じくミキラブはねむ宅へ、賢太郎くんは家に泊まる。
さすがにその日は疲れきって雪崩れ込むように眠った、、午前7時。

寝る時に明日が賢太郎くん&ミキラブ滞在の最終日かと思うとちょっと寂しくなった。
ちょっとだけやけどね。

posted by 高井響 at 21:53 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。