2006年02月20日

賢ちゃん&美紀ちゃん

海堀夫妻が無事に到着し、ねむが仕事終わるのを待って早速食いに行きました暖々!
この日は週末ということもありいつもより並んでる。しかもかなり寒いからキツい。
でもまずこれを食って欲しい!ということで4人で頑張って30分程並んだ。

no-title

並んで待ちに待った麺はやっぱりウマい!!
賢太郎くんもミキラブも美味しいと言って完食!
なかなか良い滑り出しだ。


no-title

ねむん家で軽く談笑した後、賢太郎くんと俺は行きつけの銭湯へ。
俺の家もねむ邸も部屋が広くないので、賢太郎くんは俺の家で、ミキラブはねむん家で寝ることに。
風呂の後、家でビールを飲む。
このビールがうまかったなぁ。明日朝早く鹿嶋に出発しなきゃいけない、、のは分かってるんやけど、久々に賢太郎くん会って会話は尽きず、ブランキーの発売してない最初のプロモが見つかって、二人で興奮して観たりして時間を忘れた。カーテンを開けてみると眩し過ぎる光が・・。完全に朝。
結局寝たのは7時半。そして10時過ぎに起きて出発!!・・やや二日酔い。。



まず目黒駅で孝太を拾って、孝太も賢太郎くん達との再会に喜びを隠せない様子。
この日は道も空いてて、鹿嶋まで1時間半で着いた。
なんとも快調なドライヴやった。入り時間より30分早く着いたので、100円ショップダイソーにみんなで入る。これが意外にハマッてしまい、みんな買うつもりなんかさらさら無かったものを買い漁り始める。夢中になってるといつの間にか入り時間を過ぎてた。。

さぁ、半年振りのLOOPだ!
着くと早速COCK ROACH哲郎、いや、今や「すぎ家」の哲郎店長か!
が自ら仕入れた食材や飲み物を店に搬入している。
いきなりおもしろ絵面に出くわすことが出来た笑

店長トミさんやスタッフの麻衣子ちゃんとは、賢太郎くんの結婚式以来。
その他にも懐かしい顔と再会。
そして、名物男・賢太郎くんの登場で理由もなくみんな大爆笑。
得体の知れないパワーでいつでもみんなを熱くさせる(笑わせる?)男だ!
(でも車の中ではほとんど寝てるのでとーっても静か。でも起きるととーってもうるさい笑)


no-title no-title no-title

リハも順調に進み(賢太郎くん弾き語りのリハで、エコーの掛け具合に意外にも時間を要しはしたが・・)、飯はLOOP隣にめでたく開店した「すぎ家」へ。なんか随分とお洒落な感じに仕上がっている。まずは美味いと聞いていた「すぎ家カレー」をみんなで頂く。これは美味!しかもしょうがが入ってるということでどんどん汗が出てくる。哲郎くん曰く「痩せるカレー」で、これから鹿嶋ギャルの主流を担う(予定)らしい。でもこれにソフトドリンクが1つ付いて\500はなかなかお得。「すぎ家たこ焼き」もみんなで頂く。うまかったぁ。今日は打ち上げもここでやるらしいので楽しみ。



さてさて本番。やっぱり鹿嶋は前回同様、温かい雰囲気と一生懸命さ、熱さ、人間味が共存してて大好きだなぁと思った。早くライヴがやりたくてしょうがなかった。

地元のバンド達がすごく良いライヴをしてた。
2度目の共演になる狩猿、layer of rhythmは明らかに成長が見えて、
18歳ぐらいやのにあんなに演奏が上手くて、
本格的に若い芽は摘んどかんとと心に決めたのでした笑


そしてこの後、賢太郎くんの弾き語りが予想を上回る果てしなさへと突入していく!!

posted by 高井響 at 22:39 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月17日

海堀夫妻がやってくる!

no-title

この前、現セクシーパンサーのベースのルパンさんと毎度お馴染み髭のフィリポ川崎と飲んだ。二人とも大学時代のサークル仲間で、今も第一線でバリバリ音楽活動をやっている二人。それぞれ音楽に対する純粋な気持ちを持っていて、話してても話題が尽きずおもしろい。こうやってたまに集まってゆっくり話すのっていいね。終盤で仕事を終えたねむが合流。そっからフィリポの恋話に突入。終始口元が緩んでたフィリポ。
俺達3人で全面的にバックアップする約束をする笑
いや〜結局一軒で6時間以上飲んだかな。。


no-title  no-title

飲む前には3人でちゃんと?ラーメン二郎へ。ルパンさんが二郎に良い思い出が無いらしく、それを克服させるべく俺が二郎の中でも上位ランキングに据えている川崎二郎に行きました。みんな「ウマい!」を連発。3人共大満足な内容やった。ほんまにこの日の二郎は相当美味かった。俺は昼に桜水産のランチ、刺身4点盛り定食で盛り盛りごはんを3杯おかわりして食ったからそんなに腹減ってなかったけど、ぺろっと食えたもんね。

久し振りに長時間飲んで次の日はかなり二日酔いで仕事に行くことに。。



さーてさてさて!今日はこれからうどんの国香川県から月光の賢太郎くんと幻ガールのミキラブがやってきます。なんでかって、明日の鹿島LOOPのライヴで競演するから!賢太郎くんが一人で弾き語りをやります。熱いです。
今日はこれから羽田空港まで迎えに行って、オススメのラーメン屋「暖々」へ連行する予定。香川でずっと二郎が恋しかったらしいから。。しかし月光解散ライヴ以来、こんなに早く二人に会えるとは思ってなかったからすごく嬉しい!

明日鹿島に来れる人はゼヒに!
COCK ROACH哲郎くんが鹿島LOOPの隣に店を開いたからその開店祝いも含め、
楽しい一日になりそう。
posted by 高井響 at 20:36 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月12日

撮影のつづき

三ちゃん食堂は8年前に新丸子へ引っ越してきた時から行ってるけど、
今回ほど豪遊したのは初めて!
でもここに来る度にいつかこういう大人食い、してみたいと思ってたんだよなぁ〜。
みんな腹ペコなので各々食べたいものを思い付いたままに注文していく。
どんどんテーブルが埋まっていく。うーん、爽快。
途中から髭のフィリポ川崎も呼び出し5人で三ちゃんを堪能しました。

no-title


その後プロフィールとかに使う個人個人の写真が欲しかったので、
みんなで撮影に適した場所を探し歩く。良い壁を見付けてさくさくっと撮影。
キアロの3人が終わるとましくんが「はーい、つぎー、川崎さーん!」
って、なぜか川崎も撮影(笑)

no-title


いやー、ヨク食いヨク笑った撮影会でした。
ましくんありがとう!
彼はうちらが大好きな写真家《音写家》←ライトハウス稲葉さん命名!
であり友達です。
今までTHE BACK HORNやCOCK ROACHをはじめとした様々な
アーティストの写真を撮っていて、そこに心から音楽を愛する
ましくんの“眼”があるので是非観に行ってみてください。
↓    ↓    ↓    ↓

増子武志オフィシャルサイト「音色-otoiro-」
http://www.mashiko-takeshi.com/


この写真はましくんとの1回目の撮影。
どしゃ降りの中撮影された、まだ孝太が加入する前の一枚。

お気に入りの一枚☆


夜中にはまた川崎を呼び出して二人で飲みにいきましたよ。ビール
鳥のレバ刺が美味かった!
posted by 高井響 at 21:46 | ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月11日

キアロ アー写撮影

キアロ-2.bmp  キアロ-B3.bmp



先日、晴れた多摩川でアー写撮影を決行しました。
というか、ようやく決行できました!
先月から計画していたのに、ことごとく雨でやられてしまったのだ。
みんなは俺が雨男だからだといじめる。
ましくんまで会うなり「ひびきさんの雨男に僕の晴れ男が勝ちましたぁ。」と第一声。。
俺も晴れを望んでたサ!

ましくんに撮ってもらうアー写撮影は2回目。
確かに1回目は大雨の中で大変でした。
でもあれはあれで、あの日にしかあり得ない写真になっていて俺は好き。
キアロ×月光のスプリットCD『音と声』の中ジャケに載ってる写真がそうです。
でも撮影は大変だった・・。ましくんのカメラも危険だしね。

そういうこともあって、今回はカラッと晴れた空の下で!
という条件は外せなかった。


正午に多摩川駅に集合、来慣れた多摩川土手での撮影。
大昔に多摩川でCURLのプロモのようなものを撮影したことがあって、
その中で使われている木がまだ残っていた。その下でも何枚か撮った。
その後もましくんが周りを探索し、サクサクとアングルを決めていく。
あまりに風が強いので強風感?の出ない場所を探すことに。
すぐ横に多摩川台公園があるのでそこに登ってみる。
ここでは風の無い落ち着いた写真が撮れた。

ましくんはましくんなりのキアロのイメージをしっかりと持ってくれているから、道筋がはっきりしている。撮られるうちらもそこの部分に信頼があるので安心感がある。
バンドと同じで、やっぱり最初に信頼関係が生まれるところから始まるんやな。
キワドイやり取りになるのも、未体験なセッションに突入するのも、全てこの信頼関係があった上で出来る話。ましくんとはまずそこの地盤から始めることが出来ている。
その証拠に作り出す前の段階で迷うことが全く無いからね。ほんと自然体。スタート位置はぴったり揃うというか。音楽で言うと、曲の途中で全く無秩序なインプロヴィゼーションに突入したように見えても、戻る時はみんなで一緒に違和感無くテーマに戻れるというか。写真撮ることだけにしても、奥のほうで同じもんを感じて目指してるから出来ること。実はすごく単純なことなんやけど、そこが合わない人とはきっとずっと合わない。一つのテーマに関してはって意味でね。そんな気がする。

no-title


撮影は快調〜に進み、2時頃には切り上げて新丸子の名物三ちゃん食堂へ行きました。


posted by 高井響 at 21:31 | ☀ | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月06日

吉祥寺ヘイポー

孝太&道。.jpg  キアロ@LOFT.jpg


前の日記の続きになるけど、ましくんイベントから家路についたのが朝だったので
次の日は夕方まで寝てました。
上の写真2枚はましくんの日記からお借りしました。
右がキアロスタミmeetsアルカイーダ・カズマのライヴ写真!
左がANOYO道治くんmeetsキアロ孝太!←(塚本晋也の映画みたいでしょ?笑)
クリックして拡大して見てね!

この日(2/4土曜)はいとこの岳ちゃんから「これは見といたほうがええぞ。」とプッシュされてた地元京都のバンドを観に行くことになっていたので、ねむを迎えに行って吉祥寺へ向かった。車で行ったら途中混んでてマイッタ。絶対間に合わないと思ったけど、かなり押してて何とか1曲目に滑り込みセーフ(古い?)。
ハコは初めて来たシルバーエレファントってライヴハウス。プログレ色の強いハコだとは聞いてたけど、案の定プログレでグレグレなイベントらしい。なんかもう空気が違うもん笑
目当てのバンドは、地元京都に居た頃お世話になったライヴハウスRAGの元店長であり、現ネガポジの店長の山崎さんのバンド“WALRUS(ウォーラス)”(東京の同じ綴りのウォルラスとは別のバンドです)。出演バンドの中で唯一プログレ色が強くないので逆に浮いてるらしい。
うん、観たらむしろ普通にロックバンド。突出してるのはバックの演奏がひたすらツボを得てるってこと。やっぱ山崎さんのベースは凄い。ベースで曲の景色をどんどん変えていく。「こういうことやんな」って思った。曲がどうこうより、やってる側がその曲のイメージをどれだけ大きくもっているか。それが溢れ出ていれば、例え曲が好みでなくてもズドンと伝わってくる。指先にも表情にも、全身に曲のイメージが現われてる。特に楽器を始めて1ヶ月ぐらいでも弾けるような単純なフレーズでソレを見せつけられた時の説得力はすごい。
そんなつもりは毛頭無いけど実感させられた気がする。まだまだ楽器を、音を甘くみてるなって。
何か高校の時を思い出した。岳ちゃん、大切な気持ちを思い出させてくれてありがとう!
早く音を出したくなった。
次のバンドは案の定グレグレスタイルで手数に走ってるの丸出しだったので観てられなくて退散。
岳ちゃんに別れを言って店を出た。


no-title  no-title

昨日のましさんイベントで会ったかっちゃんに「吉祥寺の店で働いてるから来てくださいよ〜」って言われてたから探しに行く。「どこどこのソープランドの前・・」ってだけしか聞いてなかったから
見つかんないかなぁって諦め気味やったけど、前を見ると巨大なソープランドの文字が!これは分かるわ!その向かいにある「けむり屋」というお店でかっちゃんは働いている。いきなり入ってくとびっくりしてない、、ようでかなりびっくりしてたらしい笑
ちょっと寄るだけのつもりが、あまりに旨そうなんで色々頼んでしまう。印象としては魚や野菜の素材の旨さをそのままどうぞ!みたいな感じの店。お通しで出た生キャベツから、しいたけ焼き、ねぎ焼き、にんにくまるごと焼いたやつ、全部そのまんまやのにすごくおいしい。大好きな鯵の塩焼きも最高!サービスで出してくれたわかめしゃぶしゃぶも旨かったねぇ〜。髪も生えるゾ。結果食欲に火がついてもうて、普通にしらすごはんとか食べて満腹域に到達しました。
急に押しかけたのに最後のお会計もサービスしてもらっちゃって、もうほんま申し訳ない!
ありがとう、かっちゃん!また行くよ。
その時に、今日COCK ROACHが最後のシングルのREC作業をしているという話を聞いたので、急遽そこにも顔を出すことに。
と、その道中、吉祥寺マンダラでライヴだった、キアロ音源のエンジニアを担当してくれているsimの大島さんとばったり会う!「確か今日大島さんも吉祥寺でライヴだよな〜」とか考えてたら前から歩いてきて・・ねむと滅茶苦茶笑った!
吉祥寺というこの狭い範囲の中、たった数時間でこんなにも人に会えるもんなのか〜。

スタジオに着くと、コックのエンジニア&無限マイナスのはまーさんがいた。お客じゃないうちらを温かく迎えてくれてありがとうございます!コックメンバーが集まらないので、スタジオロビーに常置してあるパソコンでmixiをチェック。
ほんまは、せっかくやから今日吉祥寺の「生郎」(ラーメン二郎の看板に落書きをされて店名が変わった元二郎。でも実際に二郎チェーンからは独立しているらしい。)を食いに行きたかったんやけど、かっちゃんの弟情報によると遅くても夕方5時半にはスープ切れで終了になるらしいと聞き・・。仁平くんとの生郎鑑賞?(仁平くん曰く、生郎はラーメン屋ではなく美術館らしい笑)は次回持ち越しに。その悔しさからか、その場でmixiの「生郎コミュ」に登録してしまいました。

あそうそう、キアロスタミのコミュもつい先日そらさんが作ってくれたんで、ミクシィやってる人で興味あったら是非参加してみてくださいね〜!!

そうする内に祐也くん登場。仁平くんもその後に来て、作業が始まる。
3人に会えたし俺らはそろそろ行くべーかぁって思ってると、スタジオ内に呼ばれ・・入らせてもらった(汗)うわぁ〜やばい、RECしたての音だぁ〜。ただのミーハーファンになる俺とねむ笑
すぐ塁くんも到着して、ほぼ完成に近い音をあーでもないこーでもないとメンバーで言い合ってる。
何かすごい場に居れた!
あまり長居しても悪いので(それでも曲5回ぐらい聴いたけど!)コックの3人とはまーさんに挨拶をしてスタジオを出る。帰りは頭の中が「白い新世界」でした。

しかし今日は思いがけず色んな人に会った日でしたな〜。

no-title

posted by 高井響 at 23:21 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月04日

ましくんと愉快な仲間たちと・・

年末に続いて、「ましくんと愉快な仲間達」新年会編に誘ってもらい今年一発目のライヴをやりました。2度目ということでロフトのスタッフの人も憶えてくれていて、とても和やかな雰囲気の中良いライヴが出来たと思います。

astrocoastから元気よく始まる。イイね〜、みんな生き生きしてる。メンバーそれぞれの顔は何度も見たことあったし、挨拶は良く交わしてたけど、ライヴを観るのは初めて。「ようやく観れたよ〜」ってメンバーと握手する。
そして次にキアロ。出演直前に急遽ゲストを入れてやることに。何気にまだ知り合って間もない(たしかCOCK ROACH解散ライヴの打ち上げが最初)けど、もう長年知ってるような感じのカズマックス(無限マイナス,exG-FREAK FACTORY)にジャンベで参加してもらう。打ち合わせたことと言えば、「NEW POWER OF LIFE」っていう曲でソロやってよー、ってぐらい。他にも入れそうな曲あったら勝手に入ってきて!って言ったら最初から最後まで全曲参加!笑 もう全対応型だね。というか、あれこれ考えず叩きたいからやる!っていうシンプルな欲求が良いんやろな。前回も色んな人とセッションしたりしたけど、またこのイベントで人と音を交し合う楽しさを体感できました。カズマックスありがとね!

このあとにすし(me-al art)&太一くん(ex ephonoscope)のユニット。久し振りに太一くんの声聴いた。相変わらず真っ直ぐに伸びてくる声、気持ち良い。そして以前より温かみが増していた。いつも激しいバックで歌ってるところしか聴いたことがなかったので、今回のユニットは新鮮だった。すしには当初キアロでも弾いてもらう企みがあったんやけど、残念ながら今回は実現せず。またそのうち何かやろう。

最後に、、出〜た〜!
ゴリマチ タカシ スペシャルバンド。
no-title

夜も深まったロフトのバースペースにおいてもあの様式美を失わず、爆音で魅せてました。まぁ若干やりにくそうではあったけど(笑)バックメンバーはひょうひょう淡々こなしつつも結構楽しそう。でもゴリマチ氏は今回スパーク出来なかったようで、終わってから「もう解散だ!」とか言って打ちひしがれてました。一体何を解散するんやろ?ってちょっと思ったりしたけど(笑)
恐らく、言うなれば、彼の言う解散は自分で創り上げた偶像を自らによって崩壊させることなんでしょう。相変わらず熱い男です。日に日に肥大化していく自分像を背負ってます。最近うしろ姿に哀愁すら感じます。。

about-tessタクトさんやGLF lessonゴトウさんともゆっくり話せて楽しかった。他にもDJ?しっしーやANOYOノスケくん、道治くん、凛としてのピエール、かっちゃんやゆきこちゃん、今回もはるばる福島から観に来た斜めさんなどなど、、色んな人と会えた。いつもこんな音&出会いの場を与えてくれるましくん、ほんまありがとう!!


合間にキアロの3人で歌舞伎町二郎へ行きました。
相変わらず量も少なく家系ラーメンみたいな二郎です。しかも野菜切れ。。
二郎ではないけど、まぁ美味しかった。
no-title


帰りは孝太とカズマックスをキアロ号で送っていき、家に着いたのは朝7時でした。
no-title
posted by 高井響 at 12:00 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月02日

キアロの素

no-title

日にちが経っちゃったけど、日曜はREDЯUM企画アンプラグドライヴに行ってきました。
その前にキアロでスタジオ練習やったんやけど、ねむが英検の試験で来れなくなって、孝太と初の2人練になった。これがとても良い刺激になった!今キアロは内部改造中?というか、結成以来1年以上本能の赴くままやってきたんやけど、ここにきて初めて解体&分析が必要だと感じ始めた。その必要性はイチロウがいる時から感じ始めてたけど、イチロウが抜ける直前はとても良いグルーブというか勢いがあったので、立ち止まることでそれを失いたくなかった。しかし孝太が加入して新しい血が通い始めた今、改めてしっかり地に足をつけて進もうと思った。自分達が曲をどう持っていきたいのかとか、こだわりとか意識とか、言葉に出して言ってみる。気持ち良くない部分やあやふやなとこなど、今まで勢いで乗り切って来た部分も少しずつ整理してみる。そうしていくとどんどんシンプルになっていって、垢が削ぎ落とされて、一見不恰好だけどすごく本来の姿に立ち戻れる。そして必要なものが自ずと分かってくる。今はその感覚が楽しくて仕方が無い。もっと新曲も作りたい!
そんな訳で濃い〜2人練習が出来ました。


no-title

そしてその後はキアロ3人揃ってレッドラム企画@渋谷屋根裏へ。
今回はunplugedということでオールシッティング!
ステージは蝋燭と花で彩られて幻想的な世界。いつもと別世界の屋根裏。
早々に現REDЯUMのサポートベーシスト祐也くん(ex COCK ROACH)と話す。
「祐也くんあのステージに上がったら悪魔の館やな〜?」って言ったら、
「いやー、俺なんかよりもっとヤバい奴がいるんスよ〜。」って誰かと思ったら、
今日ソロで出演する仁平くん(ex COCK ROACH)でした。。
祐也くん曰く「あの花が枯れて見えますよ。」やって(笑)
そんな楽しみもありつつ?、普段とは違う雰囲気を堪能しました。

最初はREDЯUM剛さんのソロ!
剛さん歌もうまくてびっくり。味があるっていうか。
ギターは相変わらずの殿堂入りっぷり!最後の曲すごい良かったなぁ。
また是非聴きたいと思った。

次は凛として時雨から北嶋くん。これがまたヨカッタ!
ほとんど凛としての曲を引き語りでやってたけど、このバージョンも良かったなぁ。
ほんま独特のもんを感じました。

そして無限マイナスから仁平くんの引き語り。
声の迫力は凄まじかった。コックの時にも何度か感じたあの感じ・・。
心にずんずん響いた。
あんなに奔放で自由な仁平くんの唄を聴いたのは初めてかも知れない。
しかし花は枯れないにしても、祐也くんが言うようにステージ上は一層怪しい雰囲気に(笑)


最後のREDЯUMは貫禄ですな。なんせみんなウマイ!
見えなくても固い絆があって、この人達にしか出せない音がある。
すごいことだって思いました。
昔のすっごい懐かしい曲もアコースティックバージョンで聴けたりして。
また通常のエレキバージョン?が観れるのも楽しみになってきた。

色んな人達にも会えて楽しかった。




さてさて、明日はとうとう2006年初のキアロライヴです!!☆
前回も出演させてもらった増子武志主催
『ましくんと愉快な仲間達−新年会編−』@LOFT バースペース

・ゴリマチタカシスペシャルバンド
 ゴリマチタクミ(V/G)
 ゴトウさん/from GLF Lesson(G)
 邪鬼/from about-tess(G)
 クレイジークール道治/from anoyo(b)
 ピンヤ/from 凛として時雨(Dr)
・astrcoast
・岩間 太一(ex.ephonoscope)×すし(me-al art)
・キアロスタミ
・DJしっしー

23時〜all night
自由参加&入場料!!


最後に、最近特に盛りの激しかった暖々のラーメン(野菜多め)
で最後の言葉と代えさせて頂きます。

no-title
posted by 高井響 at 21:59 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月24日

雪解けサンデー

この前の日曜日。
この日は全くもって一人で自由な一日を謳歌したのです。
知り合いのBLUE SUGAR SPIRITSことブルシュガのライヴを観に下北へ行きました。
俺がサポートしていた時より断然パワーアップしていて、特に新曲はすごく良かった。
新曲を出すにつれてどんどん良くなるってほんまこれからが楽しみやね。
ギターの大輔くんが故郷宮崎に帰った時に買ってきてくれたお土産が写真の
「響」!!なんともイカした黒豚ラーメン。
ウィスキーの他にも「響」がいたなんてね。嬉しいお土産でした。

no-title


その後下北をぶらぶらして、帰りに寄った渋谷も買い物がてらぶらぶらしてたら、、
me-al artナベ&里子ちゃんに遭遇!
「どうしたん!?」って言ったらこれからライヴだって。
ナイスタイミング!ん?グッドタイミングか。
暇でーす!笑 ほんと何も用事はなかったので勇んで観に行くことに。
でもね〜まだ時間あったからね〜、一回家に帰って、、
実は密かに計画していた小杉二郎を食べに行きました〜。
一日違いで惜しくも雪二郎ならず。雪解け二郎を完食。
やっぱここはパンチが違う。強烈!炸裂!痛烈!?いや、痛快。

胃もしっかりと重くなって、今度は電車で再び渋谷へ。
そしたら今度は元swift the nolootのミムタツにバッタリ。
最近はしょっちゅう会ってるから、特に感動!とか無いんやけど(笑)
さみしがり屋な俺達は、こんなとこで会うとやっぱり嬉しいもんで。少し話し込んだ。
ミムタツ&テッシュウコンビの新バンドが、ひょっとしたら3月に初ライヴ出来るかもって。
しかも対バンになる可能性が!楽しみになってきた。


そろそろミール開始の時間が迫ってきていたのでミムタツとは別れて渋谷屋根裏へ。
知り合いいっぱいいるかなって思ったら、誰もいなかった(泣)
ミール・ナベにそれ言ったら、「今日はそういうことです。」って訳の分からへんことを言ってた。
この日のミールは、次のシングル「夢に咲く花」をライヴで初披露ということで、
イイ緊張感と高揚感がバランスよく出てて、こっちも見てて気持ち良かった。
身を任せられたなぁ。
シングルの曲も良かったけど、俺はやっぱ「LOOP」好きだなー。
聞くと「LOOP」も収録されてるみたいで、贅沢なシングルに仕上がってそう。

楽屋でしばらくメンバーと話してライブハウスを出た。
夜はやっぱりウズウズしたので一人で新丸子のスタジオに入った。
ん〜良い一日やったんちゃうかな!?

あ、今日はこれから久々にキアロでスタジオなんス!!
行ってきまぁ〜す。

no-title
posted by 高井響 at 21:28 | ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月21日

しんしんと、、

no-title


雪ですね。しんしんと降ってます。
今日はちょっと寂しい感じの雪、景色です。
降り方もしんしん、、っていう。

「しんしん」って表現、すごいよね。
これ多分日本語でしか表せないよ。
絶対ニュアンスまで訳せないもん。
日本語っていい。

最近ちょっとスタジオがお休みなんやけど、
早く3人で合わせたくてウズウズしてまふ。
熱ーい感じの演奏したい。
今は。
あ、でも「響はあと2割冷めろ。」って
お師匠さんからアドバイスされたんやった。。

じゃあ、このしんしんとした感じ。
自分に取り込んでみようか(笑)
posted by 高井響 at 20:30 | ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月15日

魂の唄

めがねを買った。ちょっと度がきつくてくらっくらするね。
昨日髭のワンマン@渋谷クアトロに行った。これもくらっくらきたよ。
超満員の客、異様な熱気。毒っけの乗ったカラフルさやね。
フィリポ川崎の三つ編みかわいかった。

そういえば最近は大学のサークル時代の友達と連絡を取ることがかなり増えた。
嬉しいことだね。俺が上京してきて、初めて人間関係を築いた場所。
やり切れないぐらい悲しくて、どうしようもないことってあるんやけど、それはきっとずっと闘ってきた奴が俺達をひき合わせてくれて、少しでも今生きている実感、愛を感じる気持ち、そして音楽を奏でられる喜び。それをもっと感じて生きてみろって言ってくれてる気がする。
2年前にライヴを観に来てくれたんよね。
すごく澄んだ目で、出ない声を振り絞って俺達に気持ちを伝えてくれて。
一生忘れない、魂の唄。

ありがとう。おつかれさま。また会おうね。
posted by 高井響 at 00:00 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。